読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想の個人用メモ

個人的なメモです

映画の感想 イングロリアス・バスターズ

なんとなく見ようと思っててずっとスルーしてたイングロリアス・バスターズを見た

タランティーノ監督の作品の中で一番おもろいと思う。史実に基づいたような作品だが史実と全く違う結末の歴史を迎える作品

この映画は第二次世界大戦時のナチスの物語でタランティーノ作品らしくだらだら話したあとに銃撃戦が起こったり誰かが死んだりのアクションが起こる。

 

簡単なストーリーを言うと、ナチスに家族を殺されたショシャナという人がナチスの高官たちに復讐しようと計画。一方、ナチスをひたすら殺してる秘密の部隊「イングロリアス・バスターズ」もヒトラー暗殺を計画。二人の計画の行方はどうなるのか、という感じ

 

わりと残酷なシーンもありなかなかの迫力。歴史を無視して復讐をテーマにここまでいい作品を作れるのは流石タランティーノ監督といったところ。少々会話が長すぎてダレるところもあったのが少し残念

映画を見てるときの緊張感は凄まじく、裏があったり意味のない会話を巧みな話術で話して視聴者の緊張を最大まで張らせた所でアクションが起こる。一種のカタルシスを感じることができる

 

色んなものを詰め込みすぎていて情報量が多いがおすすめの作品